平成22年度名古屋大学太陽地球環境研究所研究集会

「第6回磁気圏-電離圏複合系における対流に関する研究会」、

「サブストーム開始機構研究会」、「STE現象解析ワークショップ」

合同研究会

Convection, Substorm, and STE Joint Workshop

 

日時: 201096() 8()

場所: 名古屋大学 東山キャンパス 高等総合研究館 1階 カンファレンス室 ("Room A")

 

Date: Monday, September 6, 2010 through Wednesday, September 8, 2010

Place: Nagoya University Higashiyama Campus

Institute for Advanced Research Hall, 1 F Conference Room ("Room A")

 

 

趣旨

 

●平成22年度名古屋大学太陽地球環境研究所研究集会

6回磁気圏-電離圏複合系における対流に関する研究会

  代表: 橋本久美子(九州保健福祉大学)、田中高史(九州大学)、菊池崇(名古屋大学)

 

宇宙天気現象は、太陽風磁気圏相互作用により決まるユニークな地球磁気圏の形状の下で、磁気圏や電離圏の各領域が相互作用する系をそのままの形で理解しようとする、「複合系の物理」の枠組で理解されます。複合系においては、磁気圏から電離圏・熱圏への一方的な投影ではなく、相互のエネルギーの交換が決定的に重要と考えられます。 本研究会では、沿磁力線電流で結合された磁気圏ー電離圏のプラズマ対流が、サブストームや磁気嵐などの宇宙天気現象の基であるとの観点から、さまざまなIMFおよび太陽風動圧による磁気圏-電離圏対流、磁気圏尾部の対流、内部磁気圏の電場・磁場、3次元電流系、サブストーム時の対流の発展などについて、観測とシミュレーションに基づいて議論します。

 

●平成22年度名古屋大学太陽地球環境研究所研究集会

サブストーム開始機構研究会

  代表: 宮下幸長、三好由純、家田章正(名古屋大学)

 

サブストームの開始機構は、磁気圏物理学における未解決の最重要課題の一つである。これまで、数十年にもわたって研究され、磁気リコネクションモデルやカレントディスラプションモデルなど様々なサブストームモデルが提唱されてきたが、現在も激しい論争が続いている。ここ数年、この問題の解決を主目的としたTHEMIS衛星が打ち上げられ、これに合わせて、オーロラカメラ・磁力計・レーダー等による地上観測網が充実してきたこともあり、研究が盛んになっている。サブストームの発生には太陽風-磁気圏-電離圏の相互作用と個々の過程の因果関係が重要であると考えられるが、その過程は非常に複雑であり、サブストームの開始機構を解明するためには、多面的な総合解析と検討が必要である。

 

 本研究集会では、サブストーム開始時の各領域・各過程に精通した研究者が集まり、サブストームに関係する現象・理論についてじっくりと議論を行う。ここで、話題に関連したサブストーム事例について、磁気圏・電離圏・地上の各領域の様々な観測、および、シミュレーションをもとに議論をし、サブストームの開始機構の理解を深める。

 

 

STE現象解析ワークショップ

  代表: 菊池崇(名古屋大学)、亘慎一(NiCT)、阿部修司(九州大学)、海老原祐輔(名古屋大学)

 

CME起源の磁気嵐が発生しはじめるなど、次期太陽極大期へ向けて太陽地球系は活発な様相を呈しつつあります。STE現象解析ワークショップでは、以下の重点解析期間に着目し、太陽地球系の多面的機能を明らかにすべく詳細に検討します。重点解析期間以外の解析結果も歓迎します。

 

(1) 20061213-15日に発生したフレアおよびそれに伴う地磁気嵐の解析。

(2) 2009722の日食に伴う関連現象の解析。

(3) 20104-5月に発生したフレアおよび地磁気嵐の解析。

 

 

プログラム

 

Monday, September 6 (English)

 

09:00-10:30 Pre-meeting Discussion on the Issues of Substorm (in "Room B")

 

10:00- Registration

 

11:00 T. Kikuchi (STEL, Nagoya Univ.)

Opening

 

Chair: Y. Miyashita (STEL, Nagoya Univ.)

11:05 T. Tanaka (Kyushu Univ.)

Substorm convection and current system

11:35 S. Fujita (Meteorological College) and T. Tanaka

     The substorm in the magnetosphere-ionosphere compound system - SC and substorm

 

12:05 Lunch

 

Chair: A. Ieda (STEL, Nagoya Univ.)

13:30 Y. Miyashita (STEL, Nagoya Univ.)

     Evolution of the near-Earth magnetotail associated with substorm expansion onsets

14:00 S. Machida (Kyoto Univ.)

     Catapult current sheet relaxation model for triggering substorm

14:30 Y. Nishimura (STEL, Nagoya Univ.), L. Lyons, S. Zou, V. Angelopoulos, and S. Mende

     Pre-onset time sequence of auroral substorms

 

15:00 Break

 

Chair: K. Shiokawa (STEL, Nagoya Univ.)

15:20 L. Lyons (UCLA), Y. Nishimura, C.-P Wang, M. Gkioulidou, S. Zou, R. A Wolf, Y. Shi, H.-J. Kim, X. Xing,

V. Angelopoulos, S. Mende, M. J. Nicolls, C. J. Heinselman, S. Mende, and K.-H. Fornacon

     Radar and THEMIS observations of substorm triggering by intrusion of new low-entropy tail plasma to the

 near-Earth plasma sheet from the outer plasma sheet boundary

16:00 A. T. Y. Lui (JHU APL)

     Re-examination of 2008 Feb 26 substorm event

16:40 O. Saka (Office Geophysik), K. Hayashi, and M. Thomsen

    First 10 min intervals of Pi2 onset at geosynchronous altitudes during the expansion of energetic ion regions

 in the nighttime sector

17:10 T. Sakurai (Tokai Univ.)

     Examinations of substorm onsets from a view-point of Pi pulsation onsets

 

17:40 End

 

Tuesday, September 7 (English)

 

Chair: K. K. Hashimoto (Kyushu Univ. of Health and Welfare)

09:00 T. Obara (JAXA), S. Furuhata, and H. Matsumoto

      Observations of substorms at quasi-zenith satellite orbit

09:30 A. Morioka (Tohoku Univ.), Y. Miyoshi, F. Tsuchiya, H. Misawa, Y. Kasaba, T. Asozu, S. Okano,

 A. Kadokura, N. Sato, H. Miyaoka, K. Yumoto

     On the simultaneity of substorm onset between two hemispheres

10:00 A. Ieda (STEL, Nagoya Univ.)

     Field-aligned currents during an intense substorm as estimated from global images and ground magnetic

 observations

 

10:30 Break

 

Chair: T. Miyoshi (Hiroshima Univ.)

10:50 T. Ogino (STEL, Nagoya Univ.) and K. Ito

     Magnetic reconnection in the tail on southward turning of IMF

11:20 M. Watanabe (Kyushu Univ.) and G. J. Sofko

     Interchange cycles at small IMF clock angles

11:50 Y. Ebihara (STEL, Nagoya Univ.), N. Nishitani, M. C. Fok, and T. Kikuchi

     SuperDARN radar observations of storm-time magnetosphere-ionosphere coupling

 

12:20 Lunch

 

Chair: Y. Miyoshi (STEL, Nagoya Univ.)

13:40 N. Nishitani (STEL, Nagoya Univ.) and SuperDARN Hokkaido Radar Group

Characteristic of subauroral ionospheric convection during the April 2010 storm

14:10 T. Kikuchi (STEL, Nagoya Univ.), K. K. Hashimoto, Y. Ebihara, and T. Nagatsuma

     Global ionospheric currents driven by the Region-2 field-aligned currents during storm/substorms

14:40 T. Kikuchi (STEL, Nagoya Univ.)

     Transmission mechanism of the magnetospheric electric field to the low latitude ionosphere and to the inner

 magnetosphere

 

15:00 Break

 

Chair: T. Hori (STEL, Nagoya Univ.)

15:20 K. K. Hashimoto (Kyushu Univ. of Health and Welfare), T. Kikuchi, T. Nagatsuma, N. Sato, and

A. Kadokura

     Development of the Region-2 field aligned current on the dayside during an auroral substorm

15:50 S. Fujita (Meteorological College), T. Kikuchi, and T. Tanaka

     A numerical simulation of the overshielding in the magnetosphere-ionosphere compound system

16:20 Y. Tsuji (STEL, Nagoya Univ.), A. Shinbori, Y. Nishimura, T. Kikuchi, T. Nagatsuma, and S. Watari

     Temporal and spatial developments of overshielding current system at middle latitudes and the equator

 during storms

16:50 T. Araki (Kyoto Univ.)

     Essential points in consideration of geomagnetic sudden commencement

 

17:20 End

 

18:00-20:00 Party (in Nagoya University)

 

Wednesday, September 8 (09:00-11:00 English, 11:20- Japanese)

 

Chair: T. Kikuchi (STEL, Nagoya Univ.)

09:00 Discussion

 

11:00 Break

 

座長: 阿部修司 (九州大学)

11:20 田中高史 (九州大学)

磁気嵐とサブストームはどこが異なるのか

11:40 新堀淳樹 (京大RISH)、辻 裕司、菊池 崇、荒木 徹、林 寛生、津田敏隆、池田昭大、魚住禎司、

R. E. S. Otadoy、歌田久司、B. M. ShevtsovS. I. Solovyev、長妻 努、湯元清文、

IUGONETプロジェクトチーム

      IUGONET観測データに基づく赤道帯における磁気急始(SC) の日変化の季節依存性

~熱圏-中間圏における中性大気風との関連性~

12:00 篠原 学 (鹿児島高専)

      解析期間の太陽活動、宇宙天気の概要

 

12:20 昼食

 

座長: 亘 慎一 (NICT)

13:40 片岡龍峰 (東工大)

      近年の太陽地球高エネルギー粒子環境イベント

14:00 浅井 (京大)

      200612月および20102月に起きたフレアについて

14:20 井上 諭 (NICT)、草野完也、真柄哲也

      Xクラスフレアを引きこした200612月の太陽活動領域の3次元磁場構造解析

14:40 能勢正仁 (京大)

      磁気嵐中の磁場変動の地球内部起因成分について: 20061215日の磁気嵐をはじめとして

15:00 草野完也 (名大STE)

      200612月の宇宙嵐イベント: CME駆動について

 

15:20 休憩

 

座長: 海老原祐輔 (名大STE)

15:40品川裕之 (NICT)、陣 英克、家森俊彦、松村 充、齊藤昭則、五井 紫、藤田 茂、津川卓也、

久保田 実、加藤久雄、三好勉信、藤原 均

      2009722の日食に伴う電離圏変動: 観測とシミュレーション

16:00 亘 慎一 (NICT)、加藤久雄

      201045-8日と201052-3日の地磁気嵐について

16:20 中村雅夫 (大阪府立大)、坂田 智、島津浩哲、品川裕之、田中高史、藤田茂

      リアルタイム磁気圏シミュレーションから45日の衛星(Galaxy15)障害時の

プラズマ環境を探る

16:40 議論

 

17:10 終了