48.太陽風は地球上から観測できるの?

 夜空の星を見上げると、星はキラキラと輝いていますね。これは、星の明るさが実際に変化しているのではなく、星の光が大気によって散乱されるために起こります。この「キラキラ」はシンチレーションとよばれ、望遠鏡でのぞいたとき天体の画像をぼかしてしまうので、天文学者の頭を悩ませています。これと同じように、遠くの星や銀河からやってくる電波は、太陽風によって散乱されます。そのため、アンテナで電波星(強い電波を出す恒星や銀河)を観測すると、電波の強さがふらふらと変動するのです。

 この電波のシンチレーションは、電波を発する星や銀河そのものを研究している人にとっては、じゃまなもの。でも、そのじゃまものを利用して、太陽風を調べることはできないかと考えた人がいました。電波シンチレーションの大きさは太陽風の密度に、変動の速さは太陽風の速度に、関係があります。観測によって、太陽風の速度や密度を、地上から調べることができるというわけ。電波シンチレーションを使った太陽風の観測には、巨大なアンテナと処理能力の高いコンピュータが必要ですが、探査機では難しい高緯度や太陽の近くの観測を、簡単に行なえます。また、太陽から吹き出す太陽風の全体像を短期間で調べることができる、という利点があるのです。

49.太陽風の到来を予報できるの?

 太陽が穏やかなとき、地球からは、1か月単位で同じような太陽風が観測されます。太陽は約27日で自転しているため、太陽コロナから吹き出した太陽風も、ほぼ同じ周期で観測されるのです。このタイプの太陽風は、観測を続けることである程度予報することができます。また、人工衛星などで観測された太陽コロナの姿をみれば、どんな太陽風が吹き出しているのか予想することもできます。

 それでは、太陽の活動が活発なときはどうでしょうか? たくさんのCMEがおこり、惑星間空間には突風が吹き荒れます。CMEがいつおこるのか、残念ながら、現時点では正確に予報するのは難しいようです。それなら、CMEがおこった後で、どの方向にどれくらいの広がりで飛んでいったかが分れば、地球にぶつかるかどうかを予報することはできますね。このとき役に立つのが、人工衛星のコロナグラフ観測と、地上からの電波シンチレーション観測です。この2つの観測をくみあわせることで、CMEの飛んでいく様子を予想することができるのです。

 現在、日本とアメリカの大学が共同で、電波シンチレーションを使った太陽風の予報を試験的に開始しています。また、世界中で、電波シンチレーションの観測を始めようという動きも出てきています。そう遠くない将来、TVなどで、「明日の宇宙の天気は・・・」なんていう天気予報が見られるかもしれません。