38.太陽風にも嵐はあるの?

 太陽風は、いつも同じように吹いているわけではありません。でも、どうして速くなったり遅くなったりするのか、まだよく分っていません。太陽活動が活発になり、太陽に多くの黒点が現れたとします。ループ状に閉じた磁力線が太陽面を覆うと、太陽全面から、遅い風しか吹き出さなくなります。逆に、黒点が消え太陽活動が静かになると、25で説明したコロナホールが、太陽表面の極域から中緯度にかけて広がってきます。コロナホールからは、磁力線が宇宙空間に伸び出しており、高速の太陽風が吹き出しています。

 太陽活動が静かな時期にも、太陽の赤道付近には閉じた磁力線が残っているため、太陽の低緯度からは低速風が吹いています。このような太陽風の吹き出す様子は、太陽活動が静かな時期には、数ヶ月以上も安定しています。ところが、太陽面でフレアなどの爆発現象が起きると、密度の高い太陽風が1000 km/秒を超す猛スピードで、惑星間空間を暴風のように吹き抜けることがあります。普段吹いている太陽風の後ろから、その速度を超す速度で暴風が襲いかかるので、暴風は衝撃波になります。

39.太陽風は熱いの、冷たいの?

 太陽風は、電気を帯びた粒子でできたガスですが、とても高温です。その温度は、太陽から離れるに従って下がりますが、地球軌道あたりを流れる太陽風の温度は、約10万度もあります。

 そんな高温のところに宇宙飛行士が行ったら、大変なことになりそうですね。でも、大丈夫。宇宙飛行士には、太陽風の熱さは全く感じられないでしょう。それは、太陽風がとても薄いガスだからです。どれだけ薄いかといえば、1立方センチメートル(角砂糖ぐらいの大きさ)当たり、10個ぐらいしか粒子がないのです。この密度は、地上で作ることができるどんな真空状態よりも希薄で、太陽風は超真空の世界といえます。太陽風粒子の1個1個は、10万度という温度が示すように、地球の大気の分子に比べて大きなエネルギー(運動速度)を持っているのですが、あまりにも粒子の数が少ないために、全体でみると熱エネルギーは非常に小さいことになります。