16.コロナはどうやって見るの?

 コロナは非常に薄い大気です。皆既日食のとき、月に隠れた太陽の外側に、淡く広がるコロナを肉眼でも見ることができます。

 それでは、皆既日食のとき以外は、コロナを見ることはできないのでしょうか。実は、いくつか見る方法があります。月の代わりに人工的な円盤を使って太陽を隠す工夫をした、コロナグラフという望遠鏡がその1つ。それでも大気の散乱があると見づらいので、高い山の上に置かれたり、人工衛星に取りつけられたりします。

 また、コロナは約100万度の高温のガスで、X線を放射していますので、そのX線を直接観測する方法もあります。そのようなX線望遠鏡を使うと、太陽の縁の外側だけではなく、太陽全面のコロナの観測ができます。ただし、X線望遠鏡は、人工衛星やロケットなどに取りつけられる必要があります。地球の大気はX線を散乱/吸収しますので、太陽からのX線を地表で観測することができないからです。

17.太陽コロナはどうして熱いの?


1997年にシベリアで見られた皆既日食の写真です。月に隠されて真っ黒になった円盤の外側に、淡い光が広がっています。これがコロナです。

 火のついた暖かいストーブを想像して下さい。ストーブから離れていくと、当然温度は下がりますね。太陽でも、中心は1600万度もの高温ですが、外側へ向うにしたがって温度は徐々に下がり、光球(表面)では約6000度になります。しかし、その外側に拡がるコロナでは、逆に100万度にまで上がっています。どうしてこのようなことが起きるのでしょうか? コロナ加熱の謎として、今でも太陽研究者を悩ませています。

 この問題を解くことを主な目的にして、太陽観測衛星Solar-Bが製作されています。3台の観測装置を使って、光球、彩層(さいそう)、コロナを同時に詳しく観測し、光球からコロナまでのエネルギーの流れを明らかにしようとする衛星です。日本が中心になり、アメリカ、イギリスなどの諸外国とも協力して進められているプロジェクトです。近い将来、コロナ加熱の謎に答えが出るかもしれませんね。