43. オーロラが出ると動物が狂うって聞いたけど、ホント?

 ホントです。オーロラの中を流れる電流が、ふだん動物たちが感じている地球の磁場を乱すためです。たとえば、地球の磁場を頼りに飛んでいる伝書鳩が、方向を間違えて迷子になってしまいます。
 
イルカやクジラなどの、いわゆる鯨類の大脳には磁気センサーがあります。ときどき何百頭もの鯨類が浜に打ち上げられる報道がありますが、こうした集団座礁は磁気嵐のときに多いという研究結果さえもあります。
 
湖や海岸の浅いところに棲んでいる単純な生物、バクテリアも生きるために磁場を使っています。北半球に棲んでいるこの種のバクテリアは、敵から逃げるために、磁場の方向へ進めば泥の中へ入って行けることを知っていますし、南半球のバクテリアは、磁場とは逆の方向へ進むことを生きる術として心得ているわけです。
 
オーロラがつくる磁気の乱れは、人間にも影響を及ぼしている可能性があります。イギリスでは、人間の磁場感知能力をテストし、女性の方が「優れている」ことが示されました。しかし、人間は動物と比べて頭がいいため、「北はどっち?」と聞かれても、単純に答えてもらえず、テストの結果を検証することが非常に難しいのです。細胞レベルでは、バクテリアと同じように磁場を感じ、オーロラに反応しているのかも知れません。実は、私もオーロラが出るとメロメロに狂ってしまうのです。トホホ。