29.他の惑星にもオーロラがあるの?

 オーロラが出現するには、大気と磁場が必要です。ということは、大気と磁場をもっている惑星では、オーロラがつくられている可能性があります。実際、地球よりも1万倍も強い磁場をもっている木星で、宇宙船ボイジャー1号がオーロラの写真撮影に成功したときには、世界の学界では「やっぱり…」という声が多かったのです。ハッブル宇宙望遠鏡によっても、土星のオーロラが見事にとらえられています。さらに外にある天王星、海王星でもオーロラの存在が確認されるに至りました。
 
それぞれの惑星の大気の成分が異なるため、オーロラの色は惑星によって違います。磁場をもっていない、あるいは非常に弱い金星、火星に、オーロラは期待できません。もちろん、月にもオーロラはありません。また、立派な磁場をもっていますが、大気をもっていない水星にも、オーロラはあり得ません。

30.地球を守る2つのバリアーとは?

 いま突然この空気がなくなったら、呼吸ができなくなって大変なことになることは、皆さん簡単に想像できますね。しかし、地球がもつ磁場の有り難みは、あまり知られていないのではないでしょうか。地球の磁場が、宇宙空間を飛び交っている危険な高エネルギー粒子をはね返し、地上の生命が保たれているのです。さらに、地球が磁場を失えば、太陽風が地球を直撃して、この大気も吹っ飛ばしてしまいます。
 
宇宙空間の高エネルギー粒子が地上への侵入を防いでくれているのが、地球の磁場で、いわば盾の役目を果してくれているのです。高エネルギー粒子が直接やってくると、遺伝子や脳がダメージを受けます。(小さい声で = もっとも、ふだんからおかしい人は、高エネルギー粒子の衝突で、正常になるかも知れませんね)