25.オーロラの種はどこから来るの?

 オーロラのふるさとは太陽です。太陽の大気であるコロナは、高温(100万度以上)であるため、太陽の重力を振り切って宇宙空間に飛び出ます。こうしてコロナから吹き出される高温のプラズマ(太陽風)が、地球磁場/大気と作用するのです。
 
太陽風は、ふだん400 km/秒くらいのスピードで、太陽から地球まで3日かけて到着していますが、激しいオーロラ活動のもとになる高速太陽風は、ときどき1000 km/秒を超えることもあるくらいです。
 
太陽風といっても、その密度は地球付近で1cm3あたり、わずか数個程度。現代の技術でつくることができる最高の真空でさえ、1cm3に100万個の分子を含んでいるのですから、太陽風は真空以下の世界。そんなわずかのエネルギーが、美しいオーロラをつくっていることを考えると、自然の仕組みの不思議さを感ぜずにはいられませんね。

26.太陽の中に地球がいるってほんと?

 ほんとうです。びっくりしましたか?
 
太陽風というのは、太陽の大気そのもので、その太陽風は太陽系空間を充たしていますから、地球は太陽の大気の中にいるというわけです。「わーッ、大変」と思うでしょうが、幸い地球は磁場をもっていて、太陽風という高温気体が直撃できない仕組みになっています。そんな仕組みがあるからこそ、私たち生命がこの星に生まれてきたのです。惑星間空間の中に、ホンの小さな空洞があり、私たちは例外的ないい場所に住んでいるというわけです。
 
しかし、太陽風が地球圏のまわりを、すーっと通り過ぎて行っているわけではありません。地球圏には小さな窓があり、その窓が大きく開いたり小さくなったりしていて、太陽風のエネルギーが侵入してくる量をコントロールしているのです。つまり、地球圏の外側を流れる太陽風の息づかいを、私たちはオーロラという形で感じとっているというわけです。

人工衛星「ひので」に積載されたX線望遠鏡で見た太陽