21. オーロラには、どれくらいの大きさの電流がながれているの?

 真夜中付近の明るいオーロラでは、全電流が何百万−何千万アンペアに達することもあります。この強力な電流のことを、オーロラジェット電流と呼んでいます。ジェット気流のように、ある特定の場所に集中して流れているからです。
 
オーロラジェット電流にかかっている電圧は、数百キロボルトで、この電圧のもとは、太陽風が太陽から引っぱり出してくる磁場との作用で生じます。一般に、オーロラ電流の強さは、オーロラが明るければ明るいほど強いので、ブレークアップのときには、電流量は数分の間に急激に増えます。
 
この電流によって、世界中の磁場が乱れます。たとえばイエローナイフ上空に流れるオーロラ電流によって、遠く離れた日本でも磁場が変化します。逆にいえば、日本や赤道地域で、オーロラが見えなくても、変化する磁場の情報から、いまどこにどれくらい強いオーロラが出ているか計算することができます。

22.オーロラから熱が出るの?

 ちょうど電熱器から熱が出るように、オーロラからも熱が出ています。オーロラから出る熱は、上層大気に拡がって逃げていきます。ジュール熱と呼ばれています。
 
オーロラから出る熱量は、明るいオーロラの場合1,000,000,000,000ワット以上に達することもあります。この熱量はまわりの大気を暖め、大気は膨張します。つまり、大気の密度が変わります。そんなことを知らないでやってきた人工衛星が、膨張した大気のかたまりに突っ込むと、軌道が変えられてしまいます。その結果、落下してしまった人工衛星は、今までにいくつもあります。一方、オーロラからの熱が大気対流のパターンを変え、地上の気圧配置に影響しないとはいえません。しかし、この方面の研究はほとんど進んでいません。
 また、オーロラからの熱がエネルギー源になって、大きな大気振動が発生し、この波が、日本上空を通ってはるか赤道地方にも伝わることがわかっています。赤道では、南半球からも波が伝播してきますから、事態は複雑です。