17.オーロラの動くスピードはどれくらい?

18.オーロラはどうして動くの?

 オーロラの1つ1つの模様は、実にいろいろな動きをします。前進、後退、右回り、左回り、折りたたみ、ねじれ。スピードもいろいろです。部分部分によってスピードも異なります。
 
ブレークアップに伴って真夜中付近に発生する大規模な波構造(専門用語でsurge)は、全体として毎秒2kmくらいで、西の方(真夜中から午後側の方へ)進みます。つまり、時速7200 km。カナダからアラスカまで、10分ほどで進みます。新幹線の何倍速いですか?
 ほんとうは動いていないのです。街のネオンサインや電光ニュースでは、ひとつひとつの電球は動いていませんね。「次に、どの電球が灯け」という命令が、次々と伝えられてくるのです。
 
オーロラの場合もこれと同じように、空のどの部分がどのように光るのかの命令が、宇宙空間でつくられているのです。オーロラの動きから、宇宙空間の電気的な様子がわかるはずですが、それぞれのオーロラの動きがあまりにも複雑なため、いまのところは、全くお手あげです。