プロジェクト2: 人工衛星-地上共同観測によるジオスペース研究の新展開
 人工衛星-地上共同観測と領域間をつないだ新しい数値モデルを基に、ジオスペースを構成する磁気圏-電離圏-熱圏の間でのエネルギー変換・物質輸送過程を研究する。中緯度短波レーダーを新たに導入し、近年開発されてきた高感度の光学観測機器、EISCAT レーダー、流星レーダーの地上観測機器と密接に連携協力した観測を行っていく。また、これまでの国内外の人工衛星に加えて、地上とのネットワーク観測を意図して 2006 年に打ち上げられる米国THEMIS 衛星と共同観測を行うとともに、近い将来のジオスペース観測のための小型衛星計画の基盤整備を行う。
年度報告書 H17 H18 H19 H20 H21
戻る