松見研つれづれ日記

松見研の出来事をご紹介。これを読めば、あなたも松見研に精通?

81    EGU学会@ウィーンで招待講演
更新日時:
2015/04/23 
4/12-17にオーストリア・ウィーンで開催されたEuropean Geosciences Union General Assembly 2015のAdvanced Spectroscopic Measurement Techniques for Atmospheric Scienceセッションで中山助教が招待講演を行いました。
・T. Nakayama and Y. Matsumi "Observational and laboratory studies of optical properties of black and brown carbon particles in the atmosphere using spectroscopic techniques"

82    読売新聞で松見研が紹介されました
更新日時:
2015/03/02 
3/1付読売新聞朝刊(首都圏・関西版)「くらし・教育」面の「探訪ラボ」欄に、松見研の研究紹介の記事が掲載されました。離島での微小粒子状物質(PM2.5)中の重金属成分の測定や、気球によるCO2の高度分布の測定について、秀森さんや松見教授、大内さんのコメントとともに、紹介されました。

83    松見研の研究が名大トピックスに掲載
更新日時:
2014/12/22 
名古屋大学の広報誌「名大トピックス」の「知の先端」欄で、松見研のエアロゾル粒子の研究が紹介されました。
・松見 豊「大気中の微粒子の起源と影響について調べる」、名大トピックス, no. 259, pp.12-13 (2014).

84    名古屋でのエアロゾル光学特性の観測の論文が掲載
更新日時:
2014/12/18 
名古屋大環境学研究科の持田グループ等と共同で2011年8月および2012年1月に行った名古屋でのエアロゾル光学特性の観測結果をまとめた論文がJ. Geophys. Res. Atmos.誌に掲載されました。8月にはブラックカーボンが無機塩や有機物に被覆されることで光吸収が平均10%程度増加すること、また1月には、有機物の光吸収が波長405nmで10-20%程度の寄与を持つことが明らかになりました。
・Nakayama et al., "Properties of light-absorbing aerosols in the Nagoya urban area, Japan, in August 2011 and January 2012: Contributions of brown carbon and lensing effect", J. Geophys. Res. Atmos., 119, 12721-12739 (2014).

85    ホームカミングデー2014でデモ実験
更新日時:
2014/11/05 
10/18に開催された名古屋大学のホームカミングデーで、「光の色をしらべる」「温暖化の実験」「PM2.5を作ってみよう」のデモンストレーション実験を行いました。

86    大気化学討論会で5件の発表
更新日時:
2014/11/05 
10/27-29に東京・府中で開催された第20回大気化学討論会で5件の発表を行いました。
・中山ほか「イソプレン起源のSOAはブラウンカーボンとなりうるか?」
・弓場ほか「2013年夏季京都における集中観測:熱分解LIFを用いた各種窒素酸化物の連続測定」
・中山ほか「2013年夏季京都における集中観測:新粒子生成」
・中川ほか「開発したエアロゾル散乱全角度分布同時計測装置による外気エアロゾル(PM2.5)の測定−外気エアロゾル1粒子ずつの光学特性・形状・化学成分の推定の可能性−」
・秀森ほか「オープンパスレーザー分光ガス検出器を用いた大気メタン濃度連続計測システムの開発〜2014年夏季名古屋及びインドでの試験観測〜」

87    福江島での単一粒子中の重金属成分の観測の論文が掲載
更新日時:
2014/09/16 
長崎県福江島で行ったレーザーイオン化個別粒子質量分析計による個別粒子の含有化学成分の観測で得られた、鉛などの重金属成分の内部混合状態から、石炭燃焼や重油燃焼、産業廃棄物燃焼、鉱物など、各発生源の寄与を推定した論文が、Atmospheric Environment誌のAerosols in East Asia and Their Impacts on Plants and Human Health特集号に掲載されました。
・Hidemori etal. "Characteristics of atmospheric aerosols containing heavy metals measured on Fukue Island, Japan", Atmos.Environ., 97, 447-455 (2014).

88    マックスプランク化学研究所の白岩博士の講演会
更新日時:
2014/08/29 
7/23にドイツ・マックスプランク化学研究所の白岩博士による講演会を開催しました。
"大気有機エアロゾル粒子の多相化学"

89    国際エアロゾル学会で発表
更新日時:
2014/08/29 
8/28-9/2に開催された国際エアロゾル学会(IAC2014)で2件の発表を行いました。
・Nakagawa et al." Development and performance of a single-particle polar nephelometer"
・Hidemori et al. "Characterization of Long-range Transported Aerosols on Fukue Island, Japan, Using Real-time Mass Spectrometers and Off-line Chemical Analysis"

90    アイルランド・コーク大のVenables博士の講演会
更新日時:
2014/07/29 
7/1にアイルランド・コーク大のVenables博士による講演会を開催しました。
"Broadband optical cavity spectroscopy: Application to gas phase chemistry and the optical properties of aerosols"

+ Prev + Index + Next +

+ホーム +研究テーマ +メンバー +松見研ニュース +リンク集 +大学院を目指す方に +リンク集 +フォトギャラリー +
+フォトギャラリー +リンク集 +