松見研つれづれ日記

松見研の出来事をご紹介。これを読めば、あなたも松見研に精通?

351    第14回大気化学シンポジウムをオーガナイズ
更新日時:
2004/01/29 
 松見研究室では、太陽地球環境研究所の共同利用研究集会として開催してきた大気化学シンポジウムをオーガナイズしました。約160名の参加者があり、口頭講演、ポスター講演ともにアクティブな議論が展開され、熱い集会となりました。
 また、松見研究室から西田君が口頭講演、竹谷君、中山君がポスター講演をしました。松見先生もエアロゾル分析装置による黄砂観測について口頭講演をしました。

352    はやのんさんのサインをゲッツ!
更新日時:
2003/12/25 
12月22日、太陽地球環境研究所を取材に訪れた漫画家のはやのんさんの、サインをゲッツしたのは、鈴木崇之君、竹内ゆかりさん、そして、高橋さん。特に、はやのんさんの漫画が連載されている雑誌「子供の科学」を知っていた竹内さんと、「ファミ通」の影の愛読者の”Bダッシュボタン”こと崇之君は、感激のあまり、涙を流してしまったそうです。

353    イルミネーション
更新日時:
2003/12/24 
 学生部屋にイルミネーションが限定登場!リースに続いてのクリスマス企画は、来年も続くでしょうか?

354    地球フロンティア・金谷有剛さんの講演会を開催
更新日時:
2003/12/20 
 12月9日に、対流圏化学について、観測と光化学モデルの両面からアプローチしながら、アクティブな研究活動を展開されている、地球フロンティア・金谷有剛 博士の特別講演会を開催しました。

355    第一部門、大忘年会♪
更新日時:
2003/12/20 
 12月11日、第一部門が揃って、大忘年会を開催しました。当日は、イベントプランナーの異名をもつ、宇都・坂本の両エースの敏腕振りがいかんなく発揮され、クイズ大会(商品付き)や、崇之A氏によるマジックショーなど、盛りだくさんの企画で、一年の疲れを取りました。
 さらに、血液型クイズをやったところ、第一部門ではAB型が意外と多いということが判明。しかも、当初、P型とか、Q型といった、人間を超越した血液型を持っているのではないか、との疑惑がもたれていた鳥山さんが、実はただの一般人だったということが明らかになり、研究室一同、ホッと胸をなでおろしたそうです。

356    大雪と大掃除の関係
更新日時:
2003/12/20 
 年末を迎えた松見研では、12月18日に、学生全員で大掃除をしました。ところが、その奇異に気がついたT氏は、一言こう言ったそうです。
 
「大雪降ったら、責任取れよ#」
 
・・・果たして、その週末の12月19日深夜から、20日にかけては、東海から近畿地方にかけて、一級の大寒波が来襲。初雪はもちろん、大雪となり、名古屋では数センチの積雪になるという事態が発生!もちろん、豊川キャンパスも雪化粧!
 こうして、T氏の予言は見事に的中したのでした。

357    大気化学シンポジウム、近づく!
更新日時:
2003/12/01 
 第14回目となる大気化学シンポジウムが近づいてきました。松見研究室では、4件の口頭・ポスター講演へ申し込み予定です。なお、講演申し込みは締め切りましたが、詳しい案内が下記にございます。
 
http://www.stelab.nagoya-u.ac.jp/ste-www1/div1/taikiken/atmsym14/atmsym14.html
 
(お使いのウェブブラウザのアドレス欄に、copy and paste してください)

358    竹谷さん、海外での研究成果をゼミで発表。
更新日時:
2003/12/01 
 9月から10月にかけて、5週間の武者修行をアメリカで行ってきた竹谷さんが、研究室のゼミで、その成果をまとめて発表します(12月2日)。
 代替フロンとOHラジカルおよびCl原子との反応を調べてきた竹谷さん。現在、投稿論文の準備中!

359    もういっちょ、新キャラ、「あめおとこ」現る!
更新日時:
2003/12/01 
 3階の憩いの場で溶解するT氏に、飴をご提供する学生が急増中。最近は、飴にもバリエーションが増えたばかりか、チョコレートの配給も行われているようです。おかげで、飴のかじりすぎで、治療した奥歯から出血が止まらないらしいT氏を横目に、雨男 ならぬ、飴男の登場をせせら笑う学生諸氏の声が、研究室にこだましているとか、いないとか、、、。仮面ライダーに登場する悪役キャラをも類推させる、この「飴男」は、実はT氏が自ら考案したため、密かに自己満足に浸ってるらしい。

360    早くも盛りだくさん、新春の海外進出!
更新日時:
2003/12/01 
 2003年は、高橋さんの台湾出張に始まり、中山さん・竹谷さんのアラスカ行き、竹谷さんのデトロイト行きと、世界を股にかけた松見研の活躍が目立ちましたが(どこで目立ったの?)、年の瀬も押し迫った12月、早くも新春の海外進出計画が目白押しです。1月10日にフランスへ5週間の武者修行に出るのは中山君、1月12日よりブリストル大学へ足を運ぶ西田さんと高橋さん。新年早々、「飛行機」に乗りまくりの松見研。2004年も、ますますの「飛躍」の年になりますでしょうか?
 ちなみに、新春恒例の大気化学シンポジウムのお手伝いに、研究室は新春7日から総出となる多忙振りです。

+ Prev + Index + Next +

+ホーム +研究テーマ +メンバー +松見研ニュース +リンク集 +大学院を目指す方に +リンク集 +フォトギャラリー +
+フォトギャラリー +リンク集 +