松見研つれづれ日記

松見研の出来事をご紹介。これを読めば、あなたも松見研に精通?

121    特別セミナー開催
更新日時:
2013/04/23 
松見研に訪問頂いた以下の先生方の特別セミナーを開催しました。
・3/29 東京大学 戸野倉賢一教授
    「質量分析法および吸収分光法による大気微量気体の計測」
・4/3 ブリストル大学 Jonathan P. Reid教授
    「Studying Aerosol Dynamics: One Particle at a Time」
・4/19 農業環境技術研究所 米村正一郎博士
    「生物のガス交換量を測るシステム」

122    平成25年度スタート
更新日時:
2013/04/23 
平成25年度がスタートし、松見研にPDとして上田さん、水野研にM1として上村さんが新たしく加わりました。4/4には、松見研・水野研合同のお花見ランチ、4/22には、新歓を開催しました。今年の新歓は大学すぐ近くの中華料理店で食べきれないほどの量の中華料理を堪能しました。

123    松見研同窓会を開催しました
更新日時:
2013/04/23 
3/31に丸の内のレストラン「The Kawabun Nagoya」において、松見先生のお祝いを兼ねた松見研同窓会を開催しました。多くのOBOGのみなさんに参加いただき、子供を入れて40人程度の盛大な会となりました。

124    修士論文発表会が開催されました
更新日時:
2013/02/15 
2/1に修士論文発表会が行われました。松見研からは、3名の発表がありました。
・池田裕香「名古屋におけるエアロゾル光吸収の決定要因の解明」
・澤田祐希「レーザー誘起蛍光法による酸化チタン塗料の屋外大気中の窒素酸化物削減の評価試験」
・村田祐輔「レーザー分光法を用いた都市大気中の二酸化炭素および水蒸気の安定同位体比の連続測定」

125    トルエンの光酸化反応で生成するSOAの光学特性の論文が掲載
更新日時:
2013/01/22 
人為起源の揮発性有機化合物であるトルエンや1,3,5-トリメチルベンゼンの光酸化反応で生成する二次有機エアロゾル(SOA)の複素屈折率を決定した研究の論文がAtmospheric Chemistry and Physics誌に掲載されました。本研究では、トルエン起源のSOAの光吸収が短波長ほど、また窒素酸化物の濃度が高いほど、大きくなることを明らかにしました。なお、本研究は国立環境研究所および気象研究所と共同で実施しました。
・Nakayama et al. "Wavelength and NOx dependent complex refractive index of SOAs generated from the photooxidation of toluene", Atmos. Chem. Phys, 13, 531-545 (2013).

126    熱田蓬来軒本店で忘年会開催
更新日時:
2012/12/28 
12/27に、ひつまぶしの元祖、熱田蓬来軒の本店で、一部門忘年会を開催しました。う巻きや白焼き、ひつまぶしを堪能しました。幹事の中川さんが大活躍しました。

127    AGU Fall meeting で2件の発表
更新日時:
2012/12/28 
12/3-7に米国・サンフランシスコで開催された米国地球物理学連合2012年大会で2件の発表を行いました。
1) Yuba et al. "Continuous measurement and analyses of carbon and oxygen isotopic composition of CO2 focused on carbon cycle at a cool temperate deciduous forest in Takayama, Japan"
2) Ouchi et al. "Development of balloon-borne CO2 sonde: CO2 vertical profile (0-10km) observations and comparison with the air craft measurements"

128    エアロゾルの国際会議で発表
更新日時:
2012/12/28 
11/29-12/1に東京農工大で開催されたエアロゾルの植物および人間への影響に関する国際会議「International Symposium on Aerosols in East Asia and Their Impacts on Plants and Human Health」で秀森博士が発表を行いました。
Hidemori他"Chemical Characterization of metal-containing aerosols measured with laser ionization single-particle mass spectrometer in the spring of 2010 in Fukue island"

129    自動車と大気環境に関するシンポジウムで講演
更新日時:
2012/11/12 
11/13に東京で開催されたシンポジウム「自動車と大気環境−環境計測技術の進展−」で松見先生が講演を行いました。
・松見「ディーゼル排ガス中の微粒子の光学特性」

130    大気化学討論会で宮道くんがポスター賞受賞
更新日時:
2012/11/12 
11/6-8に福岡県原鶴で開催された第18回大気化学討論会で、9件の発表を行いました。M1の宮道くんが学生・若手ポスター賞を受賞しました。
1)宮道ら「気球観測による対流圏および成層圏の二酸化炭素とオゾンの鉛直分布」
2)大内ら「気球CO2ゾンデを用いた高度分布測定の重要性 〜CO2高度分布とカラム平均濃度〜」
3)村田ら「レーザー分光法を用いた名古屋における大気中CO2およびH2O安定同位体比の連続測定(2011年11月)」
4)弓場ら「高山の落葉樹林タワーにおけるレーザー分光計測装置を用いたCO2および H2O連続観測:CO2(δ13C, δ18O), H2O(δD,δ18O)の日内変動要因解析」
5)澤田ら「レーザー誘起蛍光法による酸化チタン塗料の屋外大気中の窒素酸化物削減の実証実験」
6)秀森ら「2010年春季長崎県福江島におけるレーザーイオン化個別粒子質量分析計を用いた東アジアから輸送されたエアロゾル化学成分の観測」
7)郭ら「連続光キャビティリングダウン法を用いたエアロゾル消散係数計測装置の開発」
8)中川ら「エアロゾル散乱角度分布計測装置の開」
9)中山ら「二次有機エアロゾルの光学特性の湿度依存性」

+ Prev + Index + Next +

+ホーム +研究テーマ +メンバー +松見研ニュース +リンク集 +大学院を目指す方に +リンク集 +フォトギャラリー +
+フォトギャラリー +リンク集 +