名古屋大学太陽地球環境研究所

  1. ホーム
  2. 最新の話題
  3. 2015年
  4. 詳細

赤道電離圏に関する国際スクールISELIONをインドネシアで開催しました

インドネシア航空宇宙研究所(LAPAN)との協力により、赤道電離圏に関する国際スクール(International School on Equatorial and low-latitude ionosphere (ISELION))を、インドネシアのバンドン郊外で3月16-20日に開催しました。インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、インド、日本、台湾、エジプト、カザフスタンの9カ国から39名の大学院生が参加し、日本と米国からの4人の研究者から赤道電離圏の変動やプラズマ不安定現象、計測方法、宇宙天気予報などの基本的な講義を受けました。また水曜日には近郊の観測所を訪問し、電離圏を観測する基本装置であるイオノゾンデのデータの読み取り実習が行われました。スクールの詳細はhttp://iselion2015.sains.lapan.go.id/で公開されています。このスクールは太陽地球環境研究所、LAPANの他に、日本学術振興会研究拠点形成事業B.アジアアフリカ学術基盤形成型、京都大学生存圏研究所及びSCOSTEPの支援により、開催されています。

ISELION.jpg

ISELIONの参加者

« “最新の話題” 2015年の一覧へ戻る

Copyright ©2010 Nagoya University All Rights Reserved.