名古屋大学太陽地球環境研究所

  1. ホーム
  2. 最新の話題
  3. 2012年
  4. 詳細

ChubuSat-1の打ち上げ決定

ChubuSat-1-image-2.jpg

名古屋大学太陽地球環境研究所の田島教授、大同大学工学部総合機械工学科の溝口教授、および中部地方の航空宇宙産業中小企業連合体であるMASTT からなるグループは、50kg 級の小型の人工衛星を開発してきましたが、この度、その第一号機である「ChubuSat-1」を、国立大学法人東京大学大学院工学系研究科中須賀研究室と次世代宇宙システム技術研究組合の仲介により今年(2012 年)末、ロシアのドニエプル(Dnepr)ロケットを使ってロシア国内のヤスネ基地からクラスター打上げ(複数の衛星を同時に打上げること)することが、正式に決定致しました。ChubuSat-1 は、重さ約50kg・一辺約50cm の立方体形状で、東京理科大学の木村研究室が開発した可視光カメラ及び市販の赤外線カメラを搭載し、大気中の二酸化炭素量の監視、宇宙ごみのデータベースの作成、隔離された施設の稼働状況の確認や、災害発生時の遠隔モニタ等を目的としています。また、一般のアマチュア無線ユーザに対するメッセージ中継サービスも提供します。ChubuSat-1 は試作品を用いた試験も完了し、現在軌道上に投入するための実機の製造及び各種の試験を実施中です。

記者発表資料
press release本文
添付資料
記者発表で使用したスライド

パンフレット

« “最新の話題” 2012年の一覧へ戻る

Copyright ©2010 Nagoya University All Rights Reserved.