名古屋大学太陽地球環境研究所

  1. ホーム
  2. 最新の話題
  3. 2010年

最新の話題:2010年

巨大粒子加速器を用いた宇宙線・地球大気衝突検証実験LHCf、第一期測定完了 巨大粒子加速器を用いた宇宙線・地球大気衝突検証実験LHCf、第一期測定完了 [2010-12-15]
CERN・LHC加速器による宇宙線相互作用検証実験LHCfは2010年のデータ収集に成功しました。加速器実験と宇宙物理をつなぐ実験結果に期待が集まっています。
技術職員の加藤泰男さんが第58回電気科学技術奨励賞を受賞されました。 技術職員の加藤泰男さんが第58回電気科学技術奨励賞を受賞されました。 [2010-12-01]
技術職員の加藤泰男さんが「ジオスペース環境を計測する地上観測機器群の開発・運用」に関する業績によって第58回電気科学技術奨励賞を受賞されました。
脈動オーロラの駆動源を解明 脈動オーロラの駆動源を解明 [2010-10-30]
名古屋大学太陽地球環境研究所、総合解析部門の西村幸敏日本学術振興会特別研究員は、米国カリフォルニア大学(UCLA)との共同で脈動オーロラ駆動源の研究を地上-衛星同時観測を用いて行いました。
ノルウェー・トロムソで新ナトリウムライダーの観測を開始 ノルウェー・トロムソで新ナトリウムライダーの観測を開始 [2010-10-29]
ノルウェー・トロムソのEISCAT観測所の敷地内に設置した、新ナトリウムライダーの観測が2010年9月29日から開始されました。
インドネシア・スマトラ島で超高層大気の観測を開始 インドネシア・スマトラ島で超高層大気の観測を開始 [2010-10-28]
2010年6月、赤道直下に位置するインドネシア・スマトラ島コトタバンの京都大学赤道大気レーダー・サイトにファブリ・ペロー干渉計(FPI)を設置し、超高層大気の風速及び温度の観測を開始しました。

« “最新の話題” トップへ戻る

Copyright ©2010 Nagoya University All Rights Reserved.