名古屋大学太陽地球環境研究所

  1. ホーム
  2. 最新の話題
  3. 2006年
  4. 詳細

重力マイクロレンズによる地球質量の5.5倍の低温の惑星の発見について

  名古屋大学・太陽地球環境研究所の村木綏教授を中心とするMOA実験グループは、OGLEグループ、PLANETグループ等、各国観測チームとの共同観測で、重力マイクロレンズ現象による星の増光現象を観測した結果、地球の5倍程度の質量を持つ太陽系外惑星を発見しました。これはこれまで発見された太陽系外惑星の中で最も軽い惑星で、地球に似た岩と氷でできた惑星と考えられます。この研究成果は、1月26日発行の英国科学雑誌Natureに掲載されます。MOA実験グループは、一昨年暮れニュージーランドに新望遠鏡を建設し観測を開始しておりましたが、その初めての成果でもあります。
【記事全文】

« “最新の話題” 2006年の一覧へ戻る

Copyright ©2010 Nagoya University All Rights Reserved.