名古屋大学太陽地球環境研究所

  1. ホーム
  2. 今月の1枚
  3. 2015年
  4. 詳細

LHC加速器の運転再開を待つLHCf実験検出器

LHCf_201503.jpg

高いエネルギーをもつ宇宙線は地球大気と衝突して大量の粒子を生成します。高エネルギー宇宙線の研究は、地上でこの二次粒子群を観測することですすめられています。地上での観測から地球に到来した宇宙線のエネルギーや粒子種を知るには、宇宙線と地球大気の反応を正確に理解する必要があります。
Large Hadron Collider forward (LHCf)実験は、世界最高エネルギーの加速器LHCを用いて、この素過程を研究する実験です。LHCは2015年の5月から最高エネルギー記録を更新して物理測定を再開します。LHCf実験も検出器を設置し、データ取得にむけた最終準備段階です。

« “今月の1枚” 2015年の一覧へ戻る

Copyright ©2010 Nagoya University All Rights Reserved.