名古屋大学太陽地球環境研究所

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 2013年
  4. 詳細

第3回 「太陽活動と気候変動の関係」に関する名古屋ワークショップのお知らせ

 太陽と地球環境に関する科学的議論を多角的に展開する分野横断型研究集会である
第3回「太陽活動と気候変動の関係」に関する名古屋ワークショップ
を下記の通り開催致します。関連分野の研究者のみならず、太陽活動と地球環境にご興味を持たれている学生や一般市民の皆さんにも多数ご参加いただけると幸いです。
 当日登録も可能ですが、できれば事前登録にご協力ください。ポスター発表も募集いたします。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

名古屋ワークショップ・コンビーナー
草野完也(名古屋大学太陽地球環境研究所)
松見 豊(名古屋大学太陽地球環境研究所)
小寺邦彦(名古屋大学太陽地球環境研究所)
増田公明(名古屋大学太陽地球環境研究所)
中塚 武(名古屋大学環境学研究科)
安成哲三(名古屋大学地球水循環研究センター)

---
名古屋大学太陽地球環境研究所共同研究集会
第3回 「太陽活動と気候変動の関係」に関する名古屋ワークショップ

日時: 2013年2月26日(火)10:00~17:00
場所: 名古屋大学共同教育研究施設2号館801会議室
 キャンパスマップ
 http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/index.html
 のF3-5(エコトピア科学研究所)8階
 名古屋市営地下鉄名城線「名古屋大学」駅下車徒歩15分
参加登録及びポスター発表投稿: 返信フォーム(下記)に必要事項を記入の上、
secret1@stelab.nagoya-u.ac.jp までお送りください。(〆切2月22日)

プログラム
10:00 開会  
10:00-10:25 草野完也
(名古屋大学太陽地球環境研究所)
 太陽黒点活動の長期変動に関する最近の話題
10:25-10:55 小端拓郎
(国立極地研究所)
 過去数千年の太陽活動の変動によって引き起こされたグリーンランドの気温変動
10:55-11:35 中塚 武
(名古屋大学大学院環境学研究科)
 過去2千年間の樹木年輪酸素同位体比に記録された東アジア夏季モンスーンの400年周期での不安定化と人間社会の応答
11:35-12:05 青野靖之
(大阪府立大学生命環境科学部)
 さまざまな植物季節が示した気候変化と太陽活動
12:05-13:05 昼食
13:05-13:40 堀田英之
(東京大学大学院理学研究科)
 太陽ダイナモシミュレーション研究の現状と課題
13:40-14:05 常田佐久
(国立天文台ひので科学プロジェクト)
 次世代太陽観測衛星計画における宇宙気候研究
14:05-14:30 伊藤公紀
(横浜国立大学環境情報研究院)
 太陽風の気候影響と成層圏オゾンの関与の可能性
14:30-14:45  休憩
14:45-15:10 浅井歩
(京都大学宇宙総合学研究ユニット)
 太陽紫外線放射量の活動周期変動の推定と超高層大気への影響
15:10-15:35 宮原ひろ子
(東京大学宇宙線研究所)
 太陽活動と雷・MJO・ENSOの関係
15:35-16:00 山敷庸亮
(京都大学防災研究所)
 太陽と海洋の関係に関する研究の現状と課題
16:00-17:00 総合討論
17:00 閉会  

 

*****  参加申込用返信フォーム  *****
第3回「太陽活動と気候変動の関係」に関する名古屋ワークショップ 参加申込票

氏名:
所属:
職名または学年:
電子メール:

ポスター発表希望ありの場合
タイトル:
著者名(所属):

旅費支援希望: あり  なし
*財源は限られていますので、ご希望にお応えできない場合があります。

上記必要事項にご記入の上、
secret1@stelab.nagoya-u.ac.jp
までお送りください。(〆切2月22日)
*****  返信フォーム(おわり)  *****

お問い合わせ:名古屋大学太陽地球環境研究所第1部門秘書室
E-mail: secret1@stelab.nagoya-u.ac.jp
Phone: 052-747-6414
Fax: 052-789-5787

« “お知らせ” 2013年の一覧へ戻る

Copyright ©2010 Nagoya University All Rights Reserved.