TG2. How will geospace respond to an altered climate?
タスクグループ2:気候変動に対するジオスペースの応答




Climate And Weather of the Sun-Earth System -II (CAWSES-II)

Radiative, chemical, and dynamical forcing from below contributes to disturbances of the upper atmosphere. In response to rising greenhouse gas concentrations, cooling in the middle atmosphere will alter the complex physical and chemical processes of this region. Patterns of cooling and contraction of the upper atmosphere are emerging from model studies and observations, consistent with a strong connection to changes in the lower atmosphere. Recent changes in noctilucent cloud distributions, now observed on a global scale by the AIM satellite (see figure above), are thought to be symptomatic of cooling temperatures in the upper atmosphere. Rising greenhouse gas concentrations alter the ionosphere in a variety of ways and could be transmitted to the magnetosphere. These changes may have unforeseen consequences for space-related technologies and societal infrastructures.

国際co-leader:
 Dan Marsh and Jan Lastovicka

国内委員:
 石井守(情報通信研究機構)、中村卓司(国立極地研究所)

国内メンバー: <<PDFファイル形式>>
 渡部重十(北海道大学)、岡野章一(東北大学)、藤原 均(成蹊大学)、寺田直樹(東北大学)、丸山 隆(情報通信研究機構)、品川裕之(情報通信研究機構)、村山泰啓(情報通信研究機構)、久保田実(情報通信研究機構)、國武 学(情報通信研究機構)、津川卓也(情報通信研究機構)、陣 英克(情報通信研究機構)、川村誠治(情報通信研究機構)、小川忠彦(情報通信研究機構)、佐藤 薫(東京大学)、佐藤夏雄(国立極地研究所)、堤 雅基(国立極地研究所)、江尻 省(国立極地研究所)、小川泰信(国立極地研究所)、行松 彰(国立極地研究所)、元場哲郎(国立極地研究所)、阿部琢美(JAXA宇宙科学研究本部)、阿保 真(首都大学東京)、長澤親生(首都大学東京)、坂野井和代(駒澤大学)、細川敬祐(電気通信大学)、斎藤 享(電子航法研究所)、川原琢也(信州大学)、塩川和夫(名古屋大学)、野澤悟徳(名古屋大学)、西谷 望(名古屋大学)、大塚雄一(名古屋大学)、大山伸一郎(名古屋大学)、荻野竜樹(名古屋大学)、渡邊 堯(名古屋大学)、家森俊彦(京都大学)、斉藤昭則(京都大学)、山本 衛(京都大学)、前田佐和子(京都女子大学)、宮原三郎(九州大学)、三好勉信(九州大学)

Top page